クレジットカードとは

クレジットカード
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

クレジットカードとは

クレジットカードは、クレジットカードを持っている人の信用によって後払いできるカードの事をクレジットカードと呼びます。

クレジットカードのメリット

会計が楽

通常であれば一々お財布の中から現金を出して決済しなければなりません。しかし、クレジットカードであれば「クレジットカードでお支払いをお願いします」と頼めばそれで済みます。

「一円玉どこ~?」って探す必要がなくなり、自分も楽ですが、店員さんも待つ必要がなくなるので効率が上がります!

後払いできる

多くのクレジットカードの支払日は月末で、給料日後になります。なので今手持ちに現金がないときでも買い物をすることができます。

ポイントが付く

クレジットカードを使うとポイントがつくので節約になります。多くのカードでは1%の還元率なので、年間120万円の支出をする人であれば1万2000円の節約になります。

私の場合は月1万5000円支出しているので、年間で18万円の支出になります。従って1800円分の節約になります。漫画4冊がタダで変えてしまいます(笑)現金払いの人は本当にもったいないです!

クレジットカードのデメリット

使いすぎてしまう

クレジットカードは現金を使っている感覚がないため、つい使いすぎてしまう人が多くいます。こういった事態を防ぐために月いくらまで使っていいのか、これまでいくら使ったかを家計簿等に記載しておきましょう。

不正利用の可能性がある

自分がクレジットカードを落としたりした場合、そのクレジットカードを拾った人が悪意を持って利用する可能性があります。これを防ぐために外に持っていたときは、帰宅した後しっかりお財布に入っているか確認しましょう。もちろん高い確率でクレジットカード会社に問い合わせれば、利用停止や返金等対応してくれると思いますが、警察に被害届を出しに行ったり、様々な処理をしなくてはならないので、注意しておくことに越したことはないでしょう。因みにクレジットカードを利用し始めて約2年が経ちますが、現状不正利用にあったことは一度もありません。

クレジットカード会社はどうやって儲かってる?

ポイントを還元したり、カード発行にも人件費やシステム費用等様々なお金が掛かります。どうやって儲けているのか簡単に解説します。

個人情報の提供

定款にも記載がありますが、個人を特定できない形で、何時(日時や天候等)どこで、どういった属性(年齢や性別など)の方がこの商品を買っているかという情報をクレジットカード会社が第三者に提供します。その見返りとしてお金を貰うわけです。そして個人情報を購入した会社はマーケティングに利用します。

つまり貴方の情報が個人を特定できない形で提供されているわけです。これが嫌だという方はクレジットカードを利用するのはやめたほうがいいでしょう。最も今はLINEといった通信サービスやポイントカードで第三者に個人情報を提供する事は当たり前になっているので昔ほど拒否反応を起こす人は少ないと思いますが・・・

店舗からの手数料

店舗に設置する代わりとして、手数料を頂きます。これは説明いりませんね!

金利

クレジットカード限度額以上であったり、来月以降なら支払い可能な人たちに分割払い(リボ払い)という制度を設けています。その代わりとしてクレジットカードを利用している人から、金利(利用額の10%超)を頂きます。

原則として一括払いの利用をおすすめします。一括払いであればタダでクレジットカードを利用することができます。私も分割払い(リボ払い)は一度も使ったことがありません。金利が高すぎ(笑)

最後に

クレジットカードはポイント還元があったり、会計が楽になるなどメリットも多くあります。反面お金を支払うという感覚がないために使いすぎてしまうといったデメリットもあります。用法用量を守って利用することを心がけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました