タトゥーに寛容な海外って一体どこの話?実はアメリカではタトゥーは認められていない

社会
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

タトゥーを見ると威圧感であったり、気持ち悪さを感じてしまうため、タトゥーに対して否定的です。

こういった話をファッション好きな友人とすると、「海外ではタトゥーをすることは一般的な文化であり、時代遅れだ」と主張されていました。

では、その海外とはどこかを訪ねた場合、「アメリカ」だと帰ってきました。なので実際にどうなのかをインターネットの力を駆使して調べてきました。

結論から先に申し上げると、「タトゥーに寛容な文化は存在しない」事が分かりました。

スポンサーリンク

海外でもタトゥーで不利益を被るという事実

アメリカでは、ファッションや自己表現のひとつとして、タトゥーを入れている人が、日本に比べてかなり多い。しかし、個人の自由であるタトゥーも、社会に出れば歓迎されているとは言えない。アメリカの多くの職場で、タトゥーは洋服で隠すように規則に明記されている。胸や背中なら洋服を着れば問題ないが、腕や足など肌を露出する部分にタトゥーが入っていれば、暑い夏場であっても、長袖シャツを着用するなりして隠すことが必要というわけだ。これは、タトゥーに対してネガティブな印象を持つ人がいることの表れだろう。実際、13~18歳の子どもを持つ親1018名に行われたアメリカの調査で、子どもがタトゥーを入れることに対して、約半数が、健康や将来の雇用への影響を理由に「心配」と答えている。

dplay「アメリカ社会で変わりゆくタトゥーへの意識」より引用

ある研究では、2010年の時点で18から29歳のアメリカ人の約38%がタトゥーをしていることが分かっています(※1)。また、イギリスに関していえば、2012年の調査で5人に1人がタトゥーをしているとか(※2)こんなに多いなら、さぞ世の中に受け入れられているに違いないと思いませんか?
しかし、実際のところ、就職に関してはそうではないことが明らかになっています。イギリスのガーディアン誌の記事では、企業は、『タトゥーありとタトゥーなしのふたりの同じ能力を持った求職者では、タトゥーのない求職者を選ぶ』ケースが多いと紹介。

whynotjapan.com「アメリカではタトゥーは普通って、それ本当?」より引用

このようにタトゥーをしている人は確かに多いですが、タトゥーをすることによって就職面で不利になる点は日本と変わらないようです。

そもそもここは日本であり、海外ではない

海外では~論法は通用しません。ここは日本です。ここが日本である以上は、日本のルールに従っていかなければなりません。日本では「自由なファッション」というのは認められていません

自分も就職活動をしていましたが、キャリアセンターの方や就職講座において、男性は髪を切って短髪にすることを指導されますし、女性の方は薄い化粧にすることや歩きづらいヒールにすることが指導されます。髪を染めたまま就活をするなんて言語道断です。

そして、それに従わない人は就職が厳しくなりますし、実際に就職したあとも、そのルールに従うことが求められます。

自由なファッションには、何らかの不利益が発生します。これは日本でもアメリカでも同様です。

郷に入れば郷に従え、ということわざは現実を表していて個人的には大好きです。相手の国に行ったらその国の文化や法律に、行動が制限されます。

チップだって払わなきゃいけなかったり、イスラム系の国であれば露出度は低めの服にしなきゃいけません。極論、強姦された女性が姦通罪に問われて、強姦した男性と結婚しなきゃいけなかったり…こういった文化や法律のズレがあるので、無料でも自分は海外には行きたくないですね。

自分を表現することによって不利益を被る現実がある

自由なファッションには、何らかの不利益が発生すると言いましたが、これはファッションにとどまりません。

例えば、オタク≒犯罪者と考えている方もおり、それをカミングアウトすることは自分にとって何らかの不利益を生じることがあります。

だからこそ、個性を表現することは、慎重にならなければなりません。 社会や人を変えることはできません。変えられるのは「自分だけ」です。なので自分は、オタクであることを基本隠して生活を行っています。

自分が特定できる環境下において、不特定多数の人に対して個性を表現することは自分に不利益しかありません。あくまでも自分のコミュニティに限定して、個性を表現するのが正解と言えます。

タトゥーは就職に不利だしやめたほうがいい

タトゥーは染髪と違って、一度してしまったら消すことはできません。一応手術で取り除くこともできますが、手術痕と永遠に向き合っていくことになります。

あなたにとって仕事が困難になることや、結婚をするときに相手側の家族や、子供の友人の親から否定的な目で見られる可能性が増加したり不利益を被ることになります。

ファッションで個性を表現して自己満足に浸ること、どっちが貴方や家族にとって幸福になるでしょうか?

おとなしくタトゥーをやめるか、タトゥーシールにすることが合理的な選択ではないでしょうか?

社会や人を変えることはできません。変えられるのは「自分だけ」です。自分や家族が長期的な視点で見て最も幸福になる選択肢を選択しましょう。

免責事項
・当サイトは正確な情報を提供できるよう心がけていますが、その情報の正確性等を保証するものではありません。
・当サイトで掲載された内容で生じたいかなる損害も、一切の責任を負いません。

・投資は元本損のリスクが常にあります。余裕資金かつ自己責任の元行う事が基本です。運用によって得た損害も一切保証しません。

社会
スポンサーリンク
AIKAWAをフォローする
投資は未来を担保する

コメント

タイトルとURLをコピーしました