【北海道地震】苫東厚真火力発電所の停止から学ぶ投資や電力供給のリスク分散の重要性

社会
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2018年9月6日(木)午前3時8分に北海道胆振地方中東部を震源地とする最大震度7の地震が北海道を襲いました。被災された方々の、ご冥福を祈ると共に、復興に尽力している方全ての人に感謝の気持ちを申し上げます。今回の地震を受けてヤフー及び楽天において北海道地震の寄付を受け付けています。ポイントでの寄付も可能ですので、生活に余裕のある方は支援をお願いします。

楽天クラッチ募金「北海道地震被害支援募金」

Yahoo!基金「平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金」

北海道地震による停電

北海道地震は最大震度7の大変大きな災害となりましたが、二次的な災害も起こりました。それは停電によって、電気が使えないという状況に追い込まれてしまったということです。しかも北海道全域において停電が起こりました。原因は北海道の電力需要の半分を担っていた苫東厚真火力発電所が故障したためです。

道内の主力電源として電力需要の半分以上を担っていた火力発電所が停止したことが原因で、インフラのもろさが露呈した。

毎日新聞「発電所停止の連鎖 主力電源を直撃」より引用

停電の原因 ブラックアウトとは

ブラックアウトとは殆ど全ての発電所が停止してしまうことを言います。なぜブラックアウトが起こるかといえば、電力の需要>供給の状態だと周波数帯が乱れて送電設備が故障してしまうため、予め発電所の電力供給をストップさせることで被害を抑えるというのがブラックアウトという仕組みだと言われています。家庭でイメージすると、電気ポットと電子レンジを同時に動かすとブレーカーが落ちる(供給が止まる)ようになっていますよね?需要>供給だと壊れちゃうからです。あれですよあれ。あれと似たようなものだと思えば理解できると思います。

皆さんの記憶にも新しいと思いますが、東日本大震災では大きな地震に加えて、高い津波が起こる未曾有の災害となりました。しかし、東日本大震災においてはブラックアウトがおこっていません。何故かといえば発電所のリスク分散ができていたからという事にほかなりません。しかし、北海道は苫東厚真火力発電所が電力需要の約半分を担う特殊な状況になっていたためブラックアウトが起こってしまったと考えられます

あとは東北からの電力供給の供給量が少なかったためだと考えられますが、北海道と東北の立地や規格の関係上中々難しい部分もあります。

北海道だけではなく、日本全土で今後ブラックアウト現象が起こらないようにするには①苫東厚真火力発電所に偏った電力供給の見直し②本州からの電力供給が今後重要となります。

①苫東厚真火力発電所に偏った電力供給の見直し

太陽光発電や風力発電はコスト増や天候に作用されるなど安定供給には難しい部分があります。従って火力発電所や原子力発電所を中心としたリスク分散化を図っていく必要があります。もちろん、地震リスクを考慮して場所をできる限り偏らないようにしなくては…意味なし!!

※冷却水や石油の運搬などの関係上平常時には海に面したほうが便利なケースが多い

②本州からの電力供給

東北地方から災害時に電力供給をすることができれば、余裕が生まれますが、停電によって使えなかったとの情報があります。しかし、①を達成してある程度の供給量を災害時に担保できれば、本州からの優遇を受けることが出来るでしょう。

本州からの融通についても、北海道で 直流から交流に変換しなければならず、外部からの交流電源が必要になります が、停電のためできず、すぐに使えなかった、と報じられています。

北海道地震 「ブラックアウト」で全面停電より引用

投資にも直結できる問題

今回のブラックアウト現象は直結して投資にも考えることができます。

太陽光発電投資を展開したA社とB社があります。A社はA県に10、B社はA県4+B県3+C県3=計10の発電所を持っていると仮定します。災害がA県で起こった場合A社は全ての発電所を失うリスクがありますが、B社は最低でも6の発電所を確実に残すことができます。A社は最悪の場合事業をたたむ必要がありますが、B社は6の発電所で得たインカムゲインによって、A県の発電所をやがて修繕することもできます。これが分散の重要性です。

私も改めてリスクを分散させることに注意をした上で投資を実行していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました