吉野家ホールディングス(9861)の株を優待目的で19万円を支払い購入したが、瞬足で売却した件について

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

アルバイトの給料日が来て買付余力が生まれたため、吉野家の株を購入しました。取得原価は18万8,913円で購入しました。しかし優待を貰わずしてその数日後18万9,000円で瞬足で売却しました。
一言で理由を言えば「想像以上に不味かったから」です。

スポンサーリンク

吉野家ホールディングス(9861)

吉野家ホールディングスは、主に牛丼屋チェーン「吉野家」を展開している企業です。その他に「はなまるうどん」を展開しています。

吉野家ホールディングスの株を購入すると、吉野家ホールディングスで使える株主優待券が貰えます。2月と8月末が権利確定日で、100株で3000円×2=6000円となっています。取得原価18万8913円の場合優待利回りは約3.17%!

株購入記念に「吉野家」へ行った

バイトの休憩時間はいつも外食をしているのですが、吉野家ホールディングスの株を購入したため、久しぶりに2回「吉野家」に行き、牛丼と黒カレーを食べました。前のバイト先のときは近かったため休憩時間は毎回吉野家だったのですが、今のバイト先からは場所が遠いため、あまり行かなくなったんですよね。

吉野家の牛丼を一口入れた瞬間こう思いました。

「なにこれ?ゴムかな?」

あまりにも硬すぎてゴムかと思いましたが、なんとびっくり肉でした。あれっ他社と比較してこんなにまずかったっけ?

あっそうか、松屋の柔らかくて美味しい肉に慣れちゃったのか….松屋だと大盛り520円、吉野家だとこんなにまずくて570円か。いやまだカレーがあると思い、翌週カレーも食べました。しかし結局、松屋の方が辛くて美味しいという結末に….

吉野家のほうが好きという方もいらっしゃると思いますが、個人的には松屋派に変わってしまいました。

18万8913円を投資して、6000円の優待を貰っても、自己使用できないので売却しました。それなら配当金目当てで他の銘柄買います!

ってことで売却しただけですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました