【最高裁判決】ワンセグスマホはNHK受信料で新たに毎年約2万円の負担増

ご存知の方も多いと思いますが、ワンセグ携帯であってもNHKとの受信契約の義務が生じることが、最高裁の判決によって確定されました。NHKの受信料は月1310円に当たるため、現在NHKと契約を結んでいない人は、年間1万5720円の負担増額になります。約2万円ですね。

テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有を理由に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟で、「契約の義務がある」との判断が確定した。最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が13日までに、原告側の上告を退ける決定をした。

時事通信社「「ワンセグ携帯も義務」確定=NHK受信契約、上告退ける-最高裁」より引用と強調

日本のスマートフォンの「Xperia」や韓国のスマートフォン「Galaxy」にはワンセグが搭載されており、NHKの契約の対象となります。

これでは家計が圧迫されかねません。従ってスマートフォンの機種を変更しましょう。

米国のメーカーではAppleの「iPhone」、中国のメーカーではファーウェイ&ZTE、日本のメーカーではシャープの「AQUOS」と京セラの「URBANO V04」は搭載されていないのでNHKの受信料を払う必要はありません。

ファーウェイやZTEは、中国政府に情報の提供を命じられた場合、国家情報法によって断れないほか消費者が商品を購入し利益をファーウェイやZTEに与えることで、ファーウェイやZTEが行っている諜報活動を支援することになってしまい、結果として安全保障を犠牲にするため、当サイトではオススメしていません。

私の場合は「Xperia」を使っているため、一人暮らしを始めれば残念ながらNHKとの契約を結ばなくてはならなくなります。従ってAppleの「iPhone」、シャープの「AQUOS」と京セラの「URBANO V04」のどれかを購入して使っていくことになります。

SHARPの「AQUOS」をAmazonで購入する Appleの「iPhone」をイオシスで購入する

免責事項
・当サイトは正確な情報を提供できるよう心がけていますが、その情報の正確性等を保証するものではありません。
・当サイトで掲載された内容で生じたいかなる損害も、一切の責任を負いません。

・投資は元本損のリスクが常にあります。余裕資金かつ自己責任の元行う事が基本です。運用によって得た損害も一切保証しません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)